レオナ

Reona

平成元年、東京葛飾生まれ。‬

‪即興を得意とし、主にジャズやインプロのミュージシャンとのライブを中心に世界中で活動。‬

繊細かつ大胆な音色で、叫ぶように囁くように湧き出るように踏む。

‪板橋文夫(pf)瀬尾高志(cb)とのトリオ「濤踏(とうとう)」など展開中。‬

 

‪幼少よりタップを始め、16才の春 渡辺かずみ(tap)氏に出会い、タップの虜になる。‬

‪高校卒業とともに、NYへ修行に出る。 ‬

‪CHICAGO、L.A、東京にて行われた"Cutting Contest"で、出場した全戦で優勝。

10代よりソロ活動を開始。‬

 

‪21才の時「タップがあって成り立つ音楽」をテーマに、ミュージシャンとのトリオを結成。‬

‪この頃から作曲を始める。自身のタップ論、日常が大いに反映されている。‬

 

‪2017年、アメリカ最古のサマーダンスフェスティバル・Jacob's Pillow Danceにて、Michelle Dorranceがキュレートするショー「TIRELESS」に、

レオナ(tap)瀬尾高志(cb)DUOで出演。タップの新たな表現に、大きな反響を得た。‬

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© 2018  30 STEPS MONOLOGUE by Aska Shiozawa

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now